開発履歴
 
プロフィール
沿革
開発履歴

1955年・ 万能兼工具研削盤の試作機 完成
1959年・ G-24型円筒研削盤 完成
1964年・ クランクピン研削盤兼用大型円筒研削盤 完成
1965年・ 小物部品量産用のG-18型円筒研削盤 完成
1970年・ G-24シリーズ機をグレードアップしたG-27シリーズ機 完成
1974年・ GP-65型センタ間距離4,000mmの大型研削盤を開発
1978年・ GAS-27型アンギュラスライド円筒研削盤 完成
1979年・ GP-45型センタ間距離2,200mm円筒研削盤 完成
1980年・ 多種中量生産に最適な当社初のCNC円筒研削盤GN-27 完成
1982年・ G-27シリーズをG-30シリーズに改良
・ G-18シリーズをG-20シリーズに改良
1988年・ G-30シリーズをG-30Bシリーズに改良
1991年・ GP-65BシリーズをGP-65Dシリーズに改良
・ 大型CNC円筒研削盤 完成
1992年・ コンパクト型CNC円筒、アンギュラ研削盤 GPC/GAC-30・40
  完成
1993年・ ガラス切断機CGN-68 (KILZE)  完成
1996年・ CNCマスタレスカム研削盤 GCM-30 完成
・ 汎用CNC円筒研削盤GPS-30シリーズ 完成
1998年・ コンクリートベッドを使用した超精密円筒研削盤 GPX-30 完成
・ GAS-30シリーズをGAS-30Bシリーズに改良
1999年・ GPC/GAC-30をGPC/GAC-30Bに改良
・ HDD用ガラス基盤加工機 APG-35 完成
・ CNCアンギュラ型汎用円筒研削盤GAE-30シリーズ 完成
2000年・ 小物部品向けCNC円筒/アンギュラ研削盤 GPC/GAC-20 完成
・ CNCコンパクト型ゴムロール研削盤GRN-20シリーズ 完成
2001年・ 小型HDDにも対応する 内外径同時研削盤 APG-10T 完成
・ 小物部品向けCNC2頭式円筒研削盤 GNW-20・10 完成
2002年・ CNCマスタレスカム研削盤GCM-30シリーズを改良し
  GCMH-30シリーズ 完成
・ CNC偏心ピン/ポリゴン研削盤GPES-30シリーズ 完成
・ CVT専用研削盤GSF-30 完成
2003年・ CNCセンタレス円筒研削盤 GCO-16 完成
・ CNC万能研削盤GSUシリーズを開発
2004年・ オービット式 CNC小型クランクピン研削盤 GOCP-30・50を開発
・ コンパクト型CNC円筒研削盤 GPC-30B・25 完成
・ CNCハンドル付円筒研削盤 GPH-30シリーズ 完成
2006年・ ハイグレードなCNCマスタレスカム研削盤 GCMI-30を開発
・ コンパクト型CNC円筒研削盤 GAC-30B・25 完成
・ CNC2頭式円筒研削盤  GNW-30・25 完成
2008年・ 超精密CNC円筒研削盤 GPX-30をGPX-30シリーズに改良
・ リニアモータ式コンパクトCNCアンギュラ円筒研削盤
  GACL-20・20 完成
・ CNCアンギュラ型汎用円筒研削盤GAE-30シリーズをGAE-30B
  シリーズに改良
2010年・ 汎用中型円筒研削盤GP-45BシリーズをGP-45Dシリーズに改良
・ CNC万能研削盤GSU-40シリーズをGSU-40Bシリーズに改良
・ CNC偏心ピン/ポリゴン研削盤GPES-30シリーズをGPES-30B
  シリーズに改良
・ 汎用CNC円筒研削盤GPS-30シリーズをGPS-30Bシリーズに改良
・ 立形CNCアンギュラ円筒研削盤GAV-10・15を開発
・ 超精密NCセンタ穴研削盤GHC-15・130を開発
2011年・ 立形CNCアンギュラ円筒研削盤GAV-10・20 完成
・ 立形CNC円筒研削盤GPV-10・20 完成
2012年・ 高速CNC偏心ピン研削盤GPEL-30・25を開発
2014年・ 両駆動CNC円筒研削盤 完成