ISO9001の取組み紹介
 

ISO9001.pngシギヤの品質方針と取組み状況

シギヤは、「品質方針」に沿ってお客様が要求し期待する“確かな製品”を市場に送り出すことで顧客満足向上に努めています。
「品質方針」を掲載した名刺サイズの「目標カード」を全社員携帯していつでも確認できるようにし、また毎朝唱和するなど、意識の高揚を図っています。

“確かな製品”をつくり、また製品納入後の充実した付帯サービスを提供するため、シギヤは次の11個の主要なプロセスを設定し、これらを一つ一つ確実に実行しています。

プロセスイメージ

シギヤはリスクマネジメントにもISOを有効活用しています!

企業コンプライアンスや企業経営に関わる事項で、ISO規格要求事項に規定されていない事項をも積極的にシステムに加え、手順化することで、確実に順守・実行する体制としています。(輸出管理規定、原価管理基準 等)
輸出管理規定

【基本方針】
当社における安全保障輸出管理の最高責任者は代表取締役の鴫谷憲和とし、安全保障輸出管理の基本方針を次のように定める。
  1. 規制貨物等の輸出等については、外国為替及び外国貿易法をはじめとする輸出関連法規制等に違反する行為は行わない。
  2. 輸出関連法規制等の遵守及び適正な輸出管理を実施するため、安全保障輸出管理者を定め、輸出管理体制の整備、充実を行う。
【目的】
この規定は、国際的な平和及び安全の維持を目的とする安全保障輸出管理を適切に実施していく為に、安全保障体制とその手順を明確にし、これを確実に実施していくことにより、外為法等に違反しない体制を構築することを目的とする。