現代美術作家 野田正明氏
 

野田正明氏(1949−)は福山市新市町の出身で、1977年よりニューヨークを拠点にアジア、ヨーロッパなど世界で活躍している現代美術作家です。
1970年代前半よりシルクスクリーン版画制作を始め、「第26回モダンアートンアート協会展」で大阪市長賞を受賞するなど、関西画壇の若手として、その活動も評価されていました。
1980年代以降、緻密で高度な技法へとその刷りを発展させます。自然の大気を思わせる、激しく渦巻く躍動的な表現は、アメリカの版画界においても注目を集めました。
1990年代からは、絵画制作から派生した立体制作も積極的に手掛け、平面から立体へと多元的な展開を見せました。
2000年から近年に至っては、アメリカ国内に限らず、中国、深圳での個展をはじめ、ギリシアのデルフィやマラトン、日本においても松江、福山でのモニュメント設置など、その活動の領域をさらに広げています。


プロフィール

1949年  広島県福山市新市町生まれ。
1972年  大阪芸術大学美術学科卒業。
1976年  「第26回モダンアート協会展」で大阪市長賞。
   同年兵庫県立近代美術館 新鋭作家展「アート・ナウ ’76」に選抜出品。
1977年  アメリカ・ニューヨークに活動の場を移し、アート・スチューデンツ・リー
   グで学ぶ。
1982年  ACWLPギャラリーにて個展開催、「国際空中アートの交響(空中彫刻)
   展」に招待出品。(N.Y.シープメドウ・セントラルパーク)
1997年  京阪電鉄宇治駅に大型ステンドグラス《飛翔》他を設置。
2000年  広島県福山市新市町にステンレス彫刻《飛翔 時空を超えて》を設置。
 
2002年  広島県立戸手高等学校に《飛翔 ドリームキャッチャー》を設置。
 
2003年  広島県神辺町ひらの保育所に《飛翔 リュミナリー》を設置、
   中国・深圳美術館に《飛翔 天空昇》を設置。
2005年  ギリシャ・デルフィ(アポロン神殿のとなり)に《アポロの鏡》を設置。
 
2006年  ふくやま美術館にて「野田正明展 ニューヨークからのメッセージ」を
   開催。
2009年  アテネのギリシャ・アメリカン大学にステンレス彫刻《ラフカディオ・ハー
   ンの開かれた精神》を設置。翌年、松江市宍道湖畔へも姉妹作品を設置。
 
2010年  ギリシャ・マラトン市にステンレス彫刻《ヘルメスの精神》を設置。
 
2011年  広島市現代美術館彫刻公園へステンレス彫刻《疾風 フラッシュバック》を
   設置。
 
2012年  福山駅南広場へステンレス彫刻《いまこそ未来》を設置。
 
2014年  レフカダ・カルチャー・センターに《ラフカディオ・ハーンと開かれた
   精神のオディッセイア》を設置。
2015年  ニューヨーク日系人会(ニューヨーク)に《光彩》を設置。
   4月06日除幕式、民間には初めての作品となる、Endless Possibility 
   《無限の可能性》を、(株)シギヤ精機製作所(福山)に設置。
          
2016年  福山市かんなべ市民交流センター屋内にある吹き抜けの壁面にモニュメ      
   ント《啓発》を設置。
 
現 在  ニューヨーク・ソーホーに居住。
   オ一デュボンアーチスト協会 ディレクター、アメリカ版画協会 委員、
   アメリカ アーチスト同盟、委員、審査員を歴任。