ラッキョ汽車について
 

シギヤ軽便鐡道の簡介(SHIGIYA LIGHT R.R.)

ラッキョ汽車 【軽便鉄道】
軽便鉄道とは、大正初期に幹線鉄路の設備基準を落として、小地域 のために開発された小さい軌道である。当備後地方(瀬戸内海沿いの 広島、岡山県境付近)では、鞆(福山 - 鞆)、両備(福山 - 府中)、井笠 (神辺 - 井原 - 笠岡)などの軽便鉄道があったが燃料事情の悪化した 太平洋戦争前後の期間の盛況を除き乗合自動車に乗り替えられ自家用車 の普及とともに衰退し、昭和40年代には消滅してしまった。
蒸気機関車の同様に動力の近代化による廃止の憂き目を辿り、記念 物として存在しているにすぎない。

鞆鉄道 ラッキョ汽車(アーノルド・ユンク製)
煙突がらっきょうの形をしているので地元の人から綽名(あだ名)で呼ばれた。

【蒸氣機関車】
蒸氣機関車(S.L. Steam Locomotive)は人間の造ったもののうち最も生きものに近い機械であると言われています。
当社では愛すべき『SLのおもちゃ』を実物の1/4に縮小し た模型を製作し、その運転場を社内の庭に設けて適時運転をしています。そして車輌も運転設備も逐時 充実していく積りです。
ラッキョ汽車 ラッキョ汽車 ラッキョ汽車

【設備と車輌】
・線路(ゲージ)7 1/2 (191m/m)
・線路の延長 約160m
・縮尺 1/4
・動力車
SL 鞆鉄道 アーノルド・ユンク
SL 井笠鉄道 オーレンスタイン・コッペル
DL 英国型 スイッチャー
乗用客車 5輌